人を活かし、事業チャンスを創造する。管理×ITは、事業のスタンダードです。

リピート率を高めるために「忘れさせない」仕掛けを半自動で行うアプリ

飲食店|リピートされない理由の実態

飲食業を営んでいる弊社の顧問先から「リピート率が改善されれば、もう少しで黒字転換できるのに…」という相談がきっかけて、「飲食店で気に入ったお店があったのにリピートしなかった理由」をアンケート調査(約1800人)してみました。

その結果がコチラです。

第1位:何となく(忘れていた)
922人(21.8%)
第2位:利便性
667人(15.8%)
第3位:料理への不満
458人(10.8%)

せっかく店を気に入ってもらえたのに「忘れられちゃったが為にリピートされない」という理由が第1位という悲しい現実。

これは、そういうものだという現実を受け入れ、前向きに対策をしていきたいものですね。

人は一日後に勉強したことの70%以上忘れてしまう

勉強した事に関する記憶と時間の関係を表しているエビングハウスの忘却曲線グラフを見て下さい。

こんな簡単に、人の記憶は薄れていってしまうものなのですね。

ですが、記憶が薄れてしまうタイミングで「復習」を行うことができれば、その記憶はまた蘇るはずです。子供の頃、先生から「復習が大事」って口酸っぱく言われた方は沢山いると思われますが、こういう背景があるからなんですね。

つまり、復習を兼ねてお客様に定期的にアプローチすることができれば、自ずとリピート率は改善しそうです。

そのやり方、おススメの方法を弊社提供のアプリ「Gatple(ギャップル)」でカバーいたしましたので、ぜひご覧になってみて下さい。

「Gatple(ギャップル)」は補助金対象にもなるITツールですので、驚くほどの低予算で導入実現できます。

「Gatple(ギャップル)」は補助金対象にもなるITツールですので、驚くほどの低予算で導入実現できます。

Scroll to Top